ヘリ無し畳(琉球畳)、畳/障子/ふすまの張り替えなら神奈川県横浜市港北区(菊名)の東横たたみ店

0120-33-4792

携帯電話はコチラから045-401-4792

畳へのこだわり

人の暮らしと畳

畳は赤ちゃんの健全な発育を促進し、ハイハイが早まる効果のある事が確認されました。
畳のい草に、水虫の白癬菌への抗菌作用が発見され、水虫の感染を軽減します。
レジオネラ菌・サルモネラ菌・ブドウ球菌・腸管出血性大腸菌O-157等の繁殖を抑える効果があります。

読むと日本人の心が見えてくる!畳のはなし

その1

たたみはエコロジー

本来畳はワラ(藁)とい草で出来ている

  • ワラはお米の残りの茎。最も身近にあり、豊富に日本にあるもの。
  • 毎年収穫が出来、手に入れ易い。
  • 使い終えたら土に帰り、堆肥として田畑の肥料になるもの。

昔からエコ循環型生活に対応した敷物です。

その2

なぜ残る畳(たたみ)

四季のある日本で侍の時代から
コンピューターの現代にまで残る理由

夏涼しく、冬暖かい畳は天然のエアコンの役割をする。
梅雨時は部屋の湿気を吸い取り、乾けば放出しドライ運転。
畳の上が気持ちいいのはこの作用のためです。
最高の敷物なのです。

その3

ワラ(藁)で作られる畳い草をまとい 美しい色と触感

  • 草冠に「高い」という字があり、下に「木」を書きます。
  • ワラという字は下から読むと木と同じくらい高い価値を持った草を書きます。
  • ワラは昔から豊富に日本にあり、加工が容易で軽くて柔軟。
    適度な強靭性と耐久力・通気性と保湿性・クッション性に優れます。

その4

先人達の知恵で作られた生活用品

生活の中で日本人と切り離せないワラは、帽子や蓑・草履や草鞋・筵や藁布団などなど…。神棚に飾るしめ縄までもワラで出来ている。日本人は藁と共に生活し藁で体を包み生活してきたと言っても過言ではありません…。

畳の種類と工程

表替え
畳の表面(畳表)を新しい物に取り替えます。(新畳。裏返しから5年~8年)
裏返し
畳の表面(畳表)をはがし裏返して仕上げます。(表替えして3年~4年)
新畳
部屋の寸法を隅々まではかり新しい畳に!!(新畳から10年~15年)
ふかふかやデコボコが気になってきたら。
稲わら床
天然素材わらのみで作られたもの。
中・高級クラスの畳表との組み合わせでその質感と機能は一段と発揮されます。
稲わらサンドイッチ床
稲わらの間に断熱材を挟み込んだもの。昔ながらのわら床に新素材を取り入れた畳床です。
稲わらと建材床の中間品といえます。
建材床
木質繊維と断熱材の組合せのもの。稲わらを一切使用しないで作られたもの。
耐水性・保湿性・断熱性に優れます。

その藁を編み、美しいい草で包み、家の中に敷きつめ生活してきた。

元々日本人は大自然の四季を楽しみ、自然を大切にし、環境を大切にしてきた民族なのです。
昔からエコな生活の出来る国民で頭が良いんです。